横浜の中華街

中華街の食べ放題

更新日:

横浜の中華街は高いのか?

中華街の食べ放題

中華街の食べ放題

横浜中華街、高い店は勿論あります。
そして、お安い店も多いです。

ここ数年で横浜中華街に増えているのが食べ放題のお店です。

食べ放題のお店は東北の震災の後に増えました。
東北の震災の後は、中国人のコックさんが中国に帰国したり、他の国に引っ越したりして、閉まっている店が増えました。
その後、震災で閉まった店の後に、昔ながらのステイルのお店ではなく、たくさんの食べ放題の店ができました。

中華街の食べ放題の値段は、大通りの店で2時間2480円、路地に入れば、時間無制限で1680円の店もあります。

1680円のお店では、飲み放題を付けても、2480円で収まる店もあり、お得感が丸出しです。

 

中華街の食べ放題はまずいのか?

お味の方は、悪くないです。
食通に言わせれば「味は話にならない」とか…
庶民派の自分は、美味しく頂いています。

中華街の料理は、地元の店とはレベルが違うはず?
それは、ハードルを上げすぎです。
安くて、味はそこそこを期待して行ってみてください。

中華街は、激戦区です。
不味い店は潰れていきますので、基本的に不味い店はありません。

 

中華街の食べ放題で食べられないものは?

せっかく中華街に来たのだから、アワビの姿煮が食べたいとか、北京ダックが食べたいとか、伊勢海老ツバメの巣が食べたいとか…
残念ながら、中華街の食べ放題では出てきません。

それから、冬場に上海蟹を食べたい場合も、食べ放題の店では出てきません…

北京ダックがある店はありますが、皮ではなくて、肉の部分(身の部分)が出て来るだけです。

中華街の食べ放題は、小皿で、多くの種類の中華料理をお安く食べれられるところと割り切りましょう。

 

中華街の食べ放題は、予約が必要か?

土日、祝日のお昼時でなければ、予約をしなくても大丈夫です。
けれども、行きたい店が決まっているなら、事前に予約をしておいてください。

店が決まっていなくて、中華街に行ってから食べ放題の店を決める場合は、大通り(元町・中華街の寿司ざんまい~加賀町警察署に抜ける通り)の店ではなく、大通りから、一本、折れた路地にある店がお勧めです。大通りの店よりも安い店が多くて、昔ながらの中華街の雰囲気が残っている店が多いからです。

下の写真の路地が自分のお気に入りです。
下の写真は、朝に撮ったものですが、夜になると雰囲気は一変します。

中華街の路地、香港路

中華街の路地、香港路

写真の路地は、大通りを、元町・中華街から石川町側に進んで、左側に折れたあたりにある香港路です。

 

オーダー式バイキングとは?

中華街の食べ放題は、ほどんどが、オーダー式バイキングです。
オーダー式では、ホテルのバイキングのように大皿に料理が盛ってあるのではなくて、注文を受けてから料理をしてくれます。
このため、出て来る料理は、熱々です (*^^*)

どこの店にも写真入りのメニューがあるので、中華料理に詳しくなくても簡単にオーダーができるので安心してください。

 

オーダー推薦の中華料理は?

お勧めは、青菜、チンゲンサイなどの野菜の炒め物です。野菜の炒め物は、食べ放題以外の店で注文するとやけに高い。このため、食べ放題の店に行ったときによく食べています。

ホタテの炒め物もお勧めです。
満腹で、もう無理と思っても、塩味であるためペロッといけてしまいます。

中華街の食べ放題の場合、中華街の一般のお店と違って、四川料理とか、広東料理とかの区別がない店が主流です。このため、辛い四川料理と、飲茶とを一つのお店で食べるようなことも可能です。

店が混み合っているときは、最初のオーダーで多めに料理を頼んでしまうことをお勧めします。追加のオーダーに時間がかかることがあるためです。

 

最後に

中華街にある一般の中華料理店と比べれば、中華街の食べ放題の味は少し落ちるかもしれません。けれども、決して不味くはなく、小さな店に行けば、中華街ならではの雰囲気も味わえます。

通りで肉まんを買って、ビールを買っても、1000円程度はかかります。それならば、もう少し予算をプラスして、1680円の食べ放題のお店に行ったほうが、お得で、思い出にもなるのでは?

ではでは…

-横浜の中華街

Copyright© 横浜散歩NAVI , 2018 All Rights Reserved.