横浜の中華街

横浜の中華街に行くなら?

更新日:

 

横浜中華街は意外と近い

横浜の中華街は、特急に乗れば、みなとみらい線(東横線から乗り入れ)で、元町・中華街駅まで36分。
JRなら、石川町まで東京駅から、横浜での乗り換えで40分。
都内、埼玉県、千葉県あたりからなら、日帰りで十分に観光できます。

朝陽門

朝陽門

 

車よりも電車がオススメ

横浜中華街に行くなら、電車で気軽に、それも、みなとみらい線がお勧めです。

車の場合、土日、祝日は駐車場が混んでいます。
横浜球場で試合があったり、イベントがあったりすると中華街の周辺の駐車場は混み合います(特に、ハマスタで阪神戦がある日は街全体が混み、駐車場が混み合います)。

また、中華街の中は、道が狭く、メインの通りは平日でも歩行者天国です。このため、車を止めて駐車場から歩いて中華街に行くことになります。そして、待ち時間なく駐車するためには中華街から遠い駐車場を使うことになり歩く距離が長くなります。このため、中華街へは、電車で行くほうが無難です。

 

みなとみらい線の元町・中華街駅

電車で中華街に来る場合、JRの石川町よりもみなとみらい線の「元町・中華街」がお勧めです。

理由の第一は近さです。
石川町から中華街までは歩いて10分。これに対して、元町・中華街からは、出口を出れば目の前が中華街です。

理由の第二は、元町・中華街駅のムダなカッコ良さです。
駅のホームがドーム状で、改札からホームに向かうエスカレーター(進行方向の後ろ側、桜木町側、東京側)から見るホームを見ると、「未来かよ…」的なムダなかっこ良さ…  一度、見ておく価値があります。

元町・中華街駅から中華街に行く場合、ぜひ、1番出口から出てください。
降りた瞬間に、左側に朝陽門がありテンションが上がります。

朝陽門は、2年程前に修理、塗替えの工事が終わり、鮮やかな状態です。

改札を出て、1番出口までの長い廊下を歩いていると、途中に何箇所が出口があります。けれども、迷わずに長い通路を最後まで進んで、通路の突き当りからにある1番出口で地下から外へ出てください。

ではでは、

-横浜の中華街

Copyright© 横浜散歩NAVI , 2018 All Rights Reserved.